飲食店のオープンなら居抜きです

脱サラして飲食店をオープン

夢の飲食店のオープン、今まではサラリーマンとして頑張って働いてきたようなひとが、これから脱サラして飲食店のオープンを夢見ている場合、少しでもリスクを減らした形でお店をオープンさせる必要があります。そんなときにとても使い勝手が良いのが居抜き物件になります。このような物件を使っていけば、費用をだいぶ浮かせることができるので初めての飲食店のオープンならば、おすすめのスタイルです。不動産屋さんに相談していきます。

不動産屋さんに相談していく

居抜きの店舗物件を探していく場合は、できるだけ多くの情報を集めていくことが大切です。その情報に関しては不動産屋さんに相談していきます。ここに相談することで、いろんな店舗物件を紹介してもらえます。ポイントはもともとどんなお店だったところなのか、そしてどれくらいの人通りがあるところなのか、ここに焦点を絞って確認していきます。気に入った物件があれば自分の足で歩いてみることも大切です。こうして物件を見つけていきます。

居抜きの魅力はここにある

居抜き物件の魅力ですが、もともと飲食店だったところを使っていけば、店内にあるテーブル、椅子、その他いろんなものを再利用することが可能です。そして、通常ですとかなり費用が発生する内装工事にほとんどお金をかけずに済みます。このようなメリットが出てくるので、費用も抑えることができて、さらにお店のオープンまでの時間も大幅に短縮することができます。紹介してもらう物件は自分の足で周辺地域も歩いてみる、ここもとても大切です。

雑居ビルは一つの建物に複数の物件が入居しています。そのため、ビル内の店舗物件に入居する場合は共有スペースやインフラ設備の利用に関する規約を厳守することが社会的なマナーです。

Related posts