建築業者と連携しながら進めることが大切な住宅土地選び

住宅土地選びの際のポイント

注文住宅を建てる際の最初の関門となるのが、住宅土地選びです。施主が建築士や建築士に準じた専門的な知識を有する人である場合を除いて、この住宅土地選びの際に重要なことが、建築業者と連携しながら土地の選定を行うことです。

というのも、土地には建蔽率や容積率、北側斜線制限など、多くの規制があります。従って注文住宅を建てる際の住宅土地選びは、単に面積や土地の形と金額が折り合えば良いという訳ではなく、希望する一戸建て住宅を建てることが可能な土地なのかどうかを確認した上で購入するのか否かを判断する必要があるのです。

建築業者との土地探しの進め方

このような規制がある中で土地を選定していくために重要なことは、予めハウスメーカーや工務店などの建築業者とどのような注文住宅を建てたいのか、間取りをはじめとする仕様について共有しておくことです。

次いで実際に住宅土地選びの段階に入った際には、より良い土地物件を見つけ出す確率を高めるために、建築業者と共に施主側も自らインターネットなどを利用して土地を探すことが肝要です。そして施主側が良い物件を見つけた際には、いち早く建築業者にその情報を伝え、希望する一戸建て住宅が建築できる土地か否かを精査してもらう事が大切なのです。

複数の建築業者に土地探しを依頼することも可能

土地探しの段階では、既に注文住宅の建築を依頼する建築業者が決まっている場合とそうでない場合とがあります。

しかし、建築業者が決まっている場合は勿論、建築業者が決まっていなくても、一般的に大半の建築業者は顧客を獲得するために土地探しを行ってくれますので、希望する一戸建て住宅のニーズを伝えることをためらう必要はないのです。

また、複数の建築業者に土地探しを依頼することで建築業者間の土地探しのスタンスを見ることができますので、各建築業者の熱意や取り組み方が分かり、実際に注文住宅の建築を依頼する建築業者の選定材料にすることもできるのです。

注文住宅は自分だけの住宅を建てることができる反面、割高ですので、費用対効果のバランスが重要になります。

Related posts