マンション収入を手に入れよう!部屋で買う?全部を買う?

マンション投資の二つの方法

マンション収入を手に入れたいというときにマンション投資を行う方法として大別すると二つあります。建築会社や管理会社などが切り売りをしているマンションの部屋を買う方法と、マンションを土地ごと全て買う方法です。どちらも賃貸経営をすることで収入を得るという意味では同じですが、経営をする上で大きな違いがあるのには注意が必要でしょう。どちらの方法を選んだら良いかを判断できるように特徴を理解しておくのが重要です。

マンション収入の信頼性がある全体の購入

マンション収入を得たいからこそマンション経営をするというのであれば明らかに収入が増やせるのはマンション全部を購入する方法です。何世帯も住んでもらえることから収入は戸数に比例して高くなると期待できるでしょう。たとえ空室ができてしまったとしても収入の一部が失われるだけで、突然0になってしまうことはありません。投資額がかさむのは事実ですが、ローンの返済が滞ってしまうリスクが少ないというメリットもあるのです。

少額費用で始められる部屋買い

マンションの部屋を買うメリットは少額費用で始められることです。資産が十分にある人の場合にはローンを組まずに購入できる場合もあるでしょう。一般的には管理は委託できてしまうため、実際に行う仕事もなく、貯蓄の一種として考えることもできるのが特徴です。しかし、投資額が少ない分だけマンション収入も少なくなります。ある程度の貯金ができたときにそれを運用する方法として利用するとローンの負担を感じずにマンション経営ができるというのがメリットでしょう。

マンション経営を効率よく進めるうえで、実業家を対象としたセミナーなどの機会を積極的に活用することが大事です。

Related posts